10月 31 2014

大滝山より大相山(阿讃縦走コース)

登った日・2014年10月28日(火) 晴

先回は嵯峨野集落から登ったが今回は大滝山阿讃縦走コースから取り付いた。登山道は良く整備されて歩き良い。分岐から大相山・山頂まで倒木が多く有り通行の妨げになっている。歩き良いとは言っても矢張り山道、アップダウンも多く踏む張り所も多い。杉の植林帯が多く黄葉狩には適さない。

概念図。「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)」

断面図

大相山・山頂

登山口取り付き地点 11:05     頂上13:20 ~13:40                    15:30   登山口

登山時間・登り2時間15分   山頂休憩・20分  復路・1時間50分

                4時間25分

10月 26 2014

高越山1121.96mでトレーニング

登った日・2014年10月25日(土) 晴

何時も近場の鳴門市の大麻山とか高尾山近辺で済ましているが今日は少し遠出して高越寺まで登った。お寺のドウダンツツジが真っ赤に色好きずきとても綺麗だった。

ふいご温泉口・・・・・・・・・・中ノ郷・・・・・・・・・・・高越寺

8:10                                                  9:30~9:40                                   10:50~11:40

高越寺  ・・・・・・・・・・・・中ノ郷   ・・・・・・・・・ふいご温泉口

11:40                                                    12:50~12:45                                      14:00

登山時間登り・2時間40分・復路・2時間20分

登山時間は各自経験と(加齢)年齢によって大きく変わってくるので此処に載せたタイムは全く参考にならない。と思いますよ・・・!(^^)!

 

 

 

 

 

10月 22 2014

四国百名山・愛媛の皿が嶺1278m

登った日2014年10月20日(月) 山の天気晴

昨日の石墨山に続いて今日は皿が嶺に登る。赤い紅葉はほとんど無いがブナ、ケヤキ、などの自然林の黄葉が目を楽しませてくれた。

  

  

  

  

  

登山入口・・・・・・愛大避難小屋・・・・皿ガ嶺山頂・・・・・登山口

7:30               8:45~~8:55                   9:25~~9:30                  11:00

登山時間・3時間30分

 

 

 

 

 

 

 

10月 21 2014

四国百名山・愛媛の石墨山

登った日・2014年10月19日(日) 山の天気晴

秋日和の天候に誘われて紅葉・黄葉を楽しみに出かけたが杉の植林帯が多く紅葉狩りを楽しむにはイマイチだったが晴天に恵まれて最高の山歩きに心身共に浸ることができ最高(*^。^*)又、初めて登る山は新鮮味と達成感、チャレンジ登山の満足感が得られ最高だ( ^)o(^ )。

明日は皿が嶺に登るため、上林森林公園まで移動して車中泊だ。この公園には避難小屋もあるが矢張り馴染みふかい我がビックボーンで、焼酎のビール割を飲みシュラフに潜り込む。

黒森峠・・・・割り石峠・・・・下の分岐・・・・・稜線に出る・・・・石墨山

10:30                     11:05                        13:13~13:18           12:10~12:15            12:50~1315

登り2時間20分ー食事休憩25分ー下山時間1時間45分

登山時間・4時間30分

カシミール3Dによる概念図。この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)

断面図

石墨山は標高・1456.5m 有り草付の登山道だがアップダウンもかなり有り稜線に出るまでの胸突きの登りはロープ場もありなかなか踏張り所でもある。

 

 

10月 09 2014

香川の大相山・881m

登った日2014年10月8日(水) 晴れ

多少勉強していったが、初めて登る山はなかなか取り付き点が難しい。終わってみれば苦労したのが馬鹿みたい、(*^_^*)・今回は道路工事のため迂回路を行くことになり工事関係者に道を聞きながら登っていった。親切に教えて頂き有り難うございました。登山道も思ったより整備されて赤テープも貼ってあり登山道の道導も要所ようしょに吊るしてある。今回は山頂手前の倒木と草ブッシュに少し悩まされた。次回は大滝山からの縦走を試みたい。

国土地理院2:5000図には大相山・山名記載は無い。三等三角点・点名桧ノ尾

カシミール3dによる概念図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296


断面図

要所ようしよに吊るしてある。

                           

    此処に駐車させてもらった。     山頂標示と三角点。

        

山頂少し手前草ブッシュ 山頂手前唯一此処だけが開けている。

       

山頂近くにこんな荒れた登山道。

       

                      ノコンギク      シロヨメナ     アキノノゲシ

       

      ツリバナ       ツルリンドウ    アキチョウジ