9月 21 2021

三角点経由大麻山(538m)

【登った日】     2021年9月19日(日) 山の天気曇後晴

【山域・山名】    徳島県・鳴門市大麻町・大麻山・538m

 

【参加者】      やぶ山・うず潮レデイ四名

【登山時間】     4時間23分・沿面距離・6・1キロ・平均速度1.3㎞

gpsログ

カシミール3Dによる断面図





ピンボケも多く補助ロープの上り、下りを写したかったのに思う様に今回は写せなく失敗ダ~~~(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月 12 2021

大麻山(538)

【登った日】      2021年9月11日(土)山の天気曇り

【山域・山名】     徳島県・鳴門市大麻町・大麻山538mm

【登山時間】 弥山鳥居.~9:10~~~~~~~~10:55頂上11:00~~~~~~~~12:35登山口

大麻山、久しく登っていなかったので少し不安であったが思いきって正面石段から登った。数年前ま

では大麻山をトレーニングの山として、数百回も登った、以前は三角点経由で頂上、見晴の良い鉄塔

77、で食事して、卯辰越まで回って車道歩いて駐車場まで帰ったり、卯辰越して愛染山・鉄塔69

高尾山平山駐車場まで歩いたり、したものだったが今は年齢にともすれば負けそう。まだまだ登りた

い山はいくらでもある。しばらく登っていない高越山、剣山一の森槍戸山の縦走、徳島の名峰三嶺な

ど想いは多種多様だ。しかしながら登山は危険と背中合わせ特に岩場の下りが大変、50代、60代の

山に慣れた人は良いが筆者は齢90が近くなっているので、いつも7ミリlザイル10mとカラビナ3枚と

簡単なハーネス持って登る、登山は安全第一他者に迷惑をかけない事が基本である。

GPSログではありません、イメージ図です

大麻神社右に回り込み弥山鳥居前登山口へ

バス停より徒歩でここまで来る。此処から登山開始

この写真は以前撮った写真です

此処左にペンチがあり休息所です、間もなく中間地点です

中間地点の標柱石段が続きま

登山道其の2

二股矢印に従って表参道登る。帰りは右に見える道巻き道石段なし此処に降りる

三叉路左に進めば卯辰越への四国の道です

新設された案内表示に従って進む

二股分岐、右に登れば裏参道、石段はありません、帰りは裏参道帰ります登りは表参道登る七合目です

大麻神社奥の院左にペンチがあります

大麻山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月 06 2021

徳島の高尾山(261)

【登った日】    2021年9月6日 (月) 山の天気一時雨のち晴

【山域・山名】   徳島県・板野郡板野町・高尾山 阿讃山系一峰

板野町の高尾山(261m)の山頂広場に、この程テントが設置されました。低山と言えども天気が何時急変するかもわかりません、雨の日など雨具を付けたり、仲間と雑談したりとても重宝します。瀬戸内海の見える展望所にも、180°の眺望写真を取り付けてくれるさうです。登山者たちの楽しみ方が違ってまた楽しめます。登山道の整備草刈などして頂いてほんとに歩きよいです。ホランテァーでとても有貝です。

GPSログで作った高尾山ルート図

この写真は以前写したのでトイレが写っているいません

9月6日撮影今にも降り出しそう、間もなく大粒の雨

9月6日撮影テント2か所林の中に見えます。

テント其の1

テント其の2

テント其の3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月 01 2021

前烏帽子山(1660m)

【登った日】       2021年8月29日 (日) 山の天気晴

【山域・山名】             徳島県・三好市 前烏帽子山(山名地図院地図には記入なし)     

【メンバー】       やぶ山、コトブキ、うず潮レデイ

【登山時間】      

落合峠より前烏帽子山

10年ぶりに落合峠より前烏帽子山に登る計画立てた板野町の店舗の駐車場お借りして午前6時に出発

鳴池線で川田町まで走り岩津大橋を渡りるーと192号を走り貞光道の駅650分到着トイレ休憩と休息鳴門からのメンバーと合流7時に出発する。三加茂町の県道44の近道を入り県道44を深淵の公衆トイレで10分トイレ休憩、出発、全面舗装の屈折の多い登りの道路を走り930分に登山口となる落合峠に着く。矢筈山に登ったのか、烏帽子山方面に行ったのか不明であるが別に関係はない。わがグループも急いで準備して9時に出発、胸の高さほとの笹原を10分抜けると右に見えるピークとこれから進む烏帽子の分岐の標識まで来ると笹原も歩きよくなった。落禿1683m10:10~10:20尾根歩きがだらだら続いてて鎖場の急下降になる、鎖場は一ヶ所だけ段差が大きく足の置き場が見えにくかった。

鎖場終わっても滑りながら降る。平坦部になって笹原はルート外しに注意前烏帽子が指呼の中に入っても笹が深くなったり登山道が雨水で掘れて危険骨折はこんな道でよく起こる、近年では登山者も少なくなり笹道が踏み固められる事もないらしい。今回は通常より少しオーバーだが天気に恵まれて楽しい山登りができた。

落合峠9:00・・・・・10:10落禿10:20・・・・・12:00前烏帽子12:45・・・・15:15落合峠

GPSログ

3Dによる断面図

落合峠出発

落禿と三等三角点・青石に山名書いてあるが解読できない・以前は木彫りの小さい仏像がおかれていた。

シコクフウロ

クサリ場の下り・丈夫なクサリ・以前は3㎝もあるロープたったと思うが私の思い違いか(笑)

下り其の2

下り其の3

前烏帽子山の表示は無し・寒峰と烏帽子の三差路ピーク

烏帽子方面遠望

矢筈山遠望

クサリ場の登り其の1

クサリ場の登り・其の2

落合峠に帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月 25 2021

国見山(1491.1m)

【登った日】    2021年7月23日 (金) 晴

【山域・山名】   徳島県・国見山(1491.1m)

【メンバー】    やぶ山・コトブキ・初心者クラブ3名

【登山時間】    上の登山口より国見山ピストン 登り2時間・頂上で食事タイム       

          60分・下り2時間・合計5時間

【感想】

十数年前もとおのいていた国見山に登った、以前はおうどう峠からが一般的だったが現在は上の登山口からが

多くなった。駐車場も10台ほど楽に止められる、然しホンダの軽自動車の私は相当手こずった。一旦止めると

再び上昇に大変なので凄く気を使った。何とか駐車地点まで着いてあんどした。登山道は階段過ぎると荒れて

いて登りずらい。あとは下草もあまりなく歩きよいが急斜面が1350m地点まで続く。以前は小屋の裏過ぎて急

斜面を10分かからず頂上広場に着いたが、今はトラロープが貼ってあり迂回路を登って頂上広場到着です。

山頂では、わが゜ーテイと他に、二組の四名でした。山頂では涼しい風がふき食事後三座同定に花が咲き

楽しみました。

GPSログ

3Dによる断面図

上の駐車場

上の登山口、この前が駐車場です、水場なし、トイレなし

このあたりは平坦ですルンルンです

1350付近左に進みます

            この辺まで来るとブナの木が目立ちますきれいな状態の道です

ルンルン

ルンルン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 6912345...102030...最後 »