5月 19 2012

雲早山とシャクナゲ


登った日・2012年5月18日(金)

今回はシャクナゲ最高の見頃に出会えて満足感に浸っている。

概念図この地図を見て道迷いになっても当方は一再責任は持ちません

断面図

登山口

山頂近くのミツバツツジ

登山道にて花の撮影

通常の登山道この風景は値千金、本当に心から癒される一瞬

花名は解らないが可憐に咲き誇る、心和ませてくれる

咲き誇る、ミツバツツジ鮮やかな色合い

はい、目にも、カメラにも収めて帰ります

雲早山、山頂、今日は不思議に他の登山者なく貸切登山

なんだか腰かけて?と言ってくれているようで、ではチョット失礼しますか(-_-)

少し遠くから寫してオオカメノキかな??

此処からシャクナゲ

5月 11 2012

泉山・1209.1m所在地・岡山県鏡野町

登った日・2012年5月9日(水)朝一時雨

泉嵓神社鳥居前から出発・福ガ乢・・井水山・・・H1198m分岐・・泉山・・1198m・大神宮原登山口

登山時間・登り・3時間20分・山頂休憩・15分・帰り1時間18分≪合計4時間53分≫



「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図

25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。

(承認番号 平18総使、第296号)」

断面図

泉嵓神社

案内版にそって登る

案内板

水場・流水

水場流水

案内標示

オオバキイスミレ

オオタチツボスミレ

案内版

左が1198m分岐右が泉山

アセビ

1198m分岐

岩上に建つ泉山・山頂標示

オオバキイスミレ

山頂で昼寝

ショウジョウバカマ

 

5月 11 2012

那岐山1225m所在地岡山県奈義町と鳥取県智頭町の境に位置する

登った日・2012年5月8日(火)晴

駐車場・C コ-ス・三角点・那岐山・B コ-ス・駐車場。

登山時間・登り2時間10分・食事休憩25分・帰り・2時間5分・(合計4時間40分)



この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図

25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。

(承認番号 平18総使、第296号)」

カシミ-ル3Dによる断面図

右菩提寺・左那岐山登山口・蛇淵の滝の標示此処を左に行くと駐車場に着く。

蛇淵の滝入り口

タツナミソウ

登山口此処から山道

ゴロゴロの山道になってきた。

此処からC・コ-ス登る・右はB・コ-ス

ヤマルリソウ

ニシキゴロモ

那岐山の花の説明版

大神岩

大神岩に登って展望楽しむ

三角点分岐H・1240.3m

三角点・地点より那岐山望む

那岐山避難小屋

那岐山・山頂

アセビ

花名あとで

ショウジョウバカマ

 

 

 

5月 04 2012

箸蔵街道

歩いた日・2012年5月3日(木)小雨

財田駅9:00二軒茶屋11:34箸蔵寺13:21箸蔵ロ-プウエイ駅14:25・・登山時間5時間25分



「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図

25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。

(承認番号 平18総使、第296号)」

讃岐 財田駅此処から四国の道を辿る

駅前の四国の道標柱

登山口に建っ案内板

箸蔵街道案内標示

小雨の中黙々と四国の道辿る

ミツバツツジ

展望所

峠の石地蔵狸の言われ

二軒茶屋跡

二軒茶屋に建つ案内板

やっと箸蔵寺まで帰り一安心

箸蔵寺

四等三角点二軒茶屋

4月 30 2012

滝下の天狗塚・1445m・所在地・三好市滝下

東祖谷ソバ道場横を落合峠に向かって走り途中から林道丸見線に入り広くなった林道終点に駐車する。最奥の廃屋を目指すが道は不明瞭今回は枯れた沢を登って行きGPSで位置確認廃屋下に着いた。廃屋跡からは赤紐も頻繁に付いているが余り頼り過ぎない事、あくまでも読図力で判断して行ってほしい。コル、サガリハゲからの縦走路に出る此処からは傾斜はきついが迷う心配はない30分で山頂だ。帰りは往路引き返すが廃屋からの下りが一番解りずらい。

 

林道 丸見線の案内版

林道終点此処に駐車、最近はまだまだ作業道がのびている

昔の登山道が残っている

谷を挟んで対岸の廃屋

沢iに架かった橋渡る

丸見水道取水口

枯れた沢を登っていく

沢の登り

廃屋望む昔は此処らまでは道も良かったが今では道もなくなって荒れ放題

鞍部に落ちている営林省の文言

鞍部にてコンパス振りル-ト、山頂方向確認

滝下の天狗塚山頂は狭くポ-ルに張った針金に注意三角点無

概念図

断面図