12月 29 2020

境山(479.7m)&龍王山(475m)

【登った日】       2020年12月27日(日)

【山域・山名】      徳島県・板野郡板野町・境山(497.9m)龍王山(475m)

【目的】         2020年の山納

【メンバー】       初心者クラブ六名参加

【登山時間】  

あせび公園駐車9:00・・・・・・・10:25境山山頂10:45・・・・・・11:43龍王山分岐11:45・・・・・・

11:58龍王山12:04・・・・・・12:37あせび公園駐車場

GPSによるルート図

カシミール3D断面図

駐車場から此処は舗装路・此処に見える四阿山からは草刈りは出来ていますが山道になります。

トイレはあります、飲料水はありません。


分岐点です、直進すれば龍王山・先ずは左に進んで境山に向かいます、アップダウン繰り返して進みます。

同じ付近倒木が見えますがよけて通ります。

読図確認して進みます。

境山到着ですす、樹林帯で展望はありません、登山者思い出帳に記入しています。

散策して

古くなった山名表示、アップにしなければ確認出来ません。

先ずは山頂にて思い出の写真チーズハイ。

龍王山・山名わかりずらいです。

龍王山も灌木の中で薄暗いです。

山頂表示板

やはり、山頂広場で雑談中・記入しています。以後また登ってきたとき記入帳見る楽しさがあります。

駐車場まで帰って女性たちの手作り、で楽しく今年の山談義に花がさき時間の経過も忘れて楽しみました。

2021年も良い年でありますように・・・・

 

 

 

     

12月 14 2020

西谷より鉢伏山(439.4m)

【登った日】     2020年12月12日(土) 山の天気晴れ

【山域・山名】    徳島県・板野郡板野町・・鉢伏山(439.4m)

【メンバー】     初心者クラブ 6名

【登山時間】     4時間50分

駐車地点~9:43~~~~~9:00鉄塔下9:00~~~~~~9:56林道10:00~~~~~~10:30鉢伏山11:36~~~~~~~12:00林道

12:10~~~~~~~~~~12:44鉄塔下12:45~~~~13:34車地点

GPSログ

駐車地点民家の前迷惑にならないように

道標の前の段々登・右は帰りに使ってここに帰る

登山道もよく整備された道を行く

鉄塔下通る

小休止・雑談中

平坦なよく整備された登山道落葉踏みながらルンルン

林道らしき道です、此処で小休止鉢伏山の方向矢印があります

左側に道案内、此処を登ります。

鉢伏山山頂に到着です。樹林帯で光線の具合で写りが悪いです

食事タイムにしましょう。予定より早く着いたのでゆっくりできます

此処はほとんど登山者の来ない山です。我がパーテイの貸し切りとなり一時間余り過ごしました。帰り道は鉄塔から保守路下りましたが大変な失敗でした。凄く遠回りで危険度の高い道で神経使いました。

12月 04 2020

千石・万石・西尾根周回

【登った日】      2020年12月22日(月)晴れ

【山域・山名】     徳島県・鳴門市・(万石山369m) (千石山277.1m)

【メンバー】      初心者クラブ・5名

【登山時間】      5時間20分

西尾根登山口9:00~~~~~~11:00~H300m地点11:05~~~~~11:30万石山11:35~~~~~~12:13千石山ラン

チタイム13:05~~~~~~~14:20駐車地点      

GPSルート

高松道29ここの道端に駐車

側道の階段

西尾根登山口・よく下草のそうじができていますがきゆぅな登りが続きます

登山道から遠望でr

登山道より左方愛染山遠望ですグルーと回って右に千石山です

松の緑が鮮やかに登山者を楽しませてくれます丸太の小口切りペンチが二箇所あります

登ってきます

合流地点まで登ってきました、一本入れます

合流地点過ぎれば間もなく万石山です

サンキラの実が鮮やかないろずいています

万石山に着きました。林の中で展望はなく影で写真が写しずらいです

みんなで仲良く写しますお日様と木陰で失敗しました

千石山に着きました。此処で食事タイムです、ここの松は背丈が低くて箱庭のようです

高松道の側道の階段のフエンス前におりました

駐車地点に帰りました。

11月 22 2020

川股ダムより鉢伏山(439.4m)

【登った日】       2020年11月19日(木)晴

【山域・山名】      香川県東さぬき市・上板町に跨る鉢伏山(439.4m)

【メンバー】       やぶ山・コトブキサン

【登山時間】       5時間40分

間伐材の枝打ちが散乱して歩きずらい、登山道は沢をのぼったり岡に上がったり下がったり、沢は岩がゴーロゴーロ水量はない。

GPSによるルート

ダム湖の橋を渡り湖畔の林道をしばらくあるく

橋の手前が駐車ペース。香川ナンバーがごだい、大山さんに登ったらしく鉢伏山は私たち二名のみ。

登りには写真が撮れなくて鉢伏山に到着です。

一本松越まで降りてきました、香川の人達が数人いました、大山さんにいっていた。

此処から川股ダムにくだります予想より悪路でした。

ダム湖まで帰りしばらく紅葉撮影です。

ダム湖に映る紅葉。

同じような写真になってしまいました。

今回は八合目あたりから右に振っての登りがキツク悪戦苦闘、涸沢で小石混じりがざれて登れない、やっと支尾根に出た。此処から下草もなく10分ほどて縦走路に出て左に5分で鉢伏山に着いた。

下山して紅葉に癒され身も、心も、まったりした一日でした。

11月 17 2020

八十八番大窪寺と女体山(776m)矢筈山(787m)

【登った日】    2020年11月15日(日) 晴れ

【山域・山名】   香川県・さぬき市・女体山(776m)矢筈山(787m)

【登山形態】  四国遍路八十八番大窪寺より女体山・矢筈山・女体神社・大窪寺周回

GPSルート

3Dによる断面図無料駐車場下山して帰ってくると満車状態、入場待ちの車のれつが延々と国道口まで続いた(>_<)大窪寺正面石段の紅葉

正門前

階段を延々と登っていく

階段も古くなった危ない個所も多々あります。

矢筈山登山口・段々がきつく此処で敗退あと5・6分で行けるのに一つ奥と勘違いしてリタイヤ。

相棒は登って10分で帰って来た。もう一つの女体山(274m)・展望台まで相棒は登って帰り道追いついて一緒に下山した。(行往約10分余り)