2月 16 2016

香川県の堂山(302m)六つ目山(317m)

 

登った日・2016年2月15日(月)曇り・時々小雪舞う

冬場に高松の低山遊びと計画してたがなかなかチャンスが無くようやく今回あまり天気もパットしないがたかが低山と侮って出かけたがネットで調べても登山口がつかめない上駐車場も解らない。初めて取り付く山はアプローチに苦労する。然し登山終わってみると苦労したのが嘘のよう・な~~ん・だ(笑)・・・低山侮るなかれアップダウンも有り虎ロープも有り変化に富んだ山歩きが楽しめる。六つ目山の登り、降りはそんじょそこいらの山とは全く異なりロープに助けられ息が弾む、ローフ無ではとても山頂踏めない、又下りもロープ無では降れない。ロープ設置してくださった関係者に頭が下がります。(笑)・・・・

s-ルート図

カシミールによるルート図

s-断面図

断面図

此処に駐車道路向かいが岡本登山口二台駐車していたが狭い・登山口赤の鉄塔鉄塔管理道かな?

展望台・南嶺南陵の標柱・色々な標示有り高松市堂山・横に鉄塔有り

北峰北峰より六つ目山に向かう北峰広場に立っている案内版六つ目山と左伽藍山

六つ目山三合目温厩富士・六つ目山・記帳箱にパーテイ記入小雪舞う六つ目山

s-P2151345

此処に数台駐車できる。

s-P2151346

前方に伽藍山が見えるが今回は行かない。

2月 12 2016

高尾山・藍染山・万石山・千石山周回コース

登った日・2016年2月11日(木)晴れ

今年は積雪も少なくあまり雪山に魅力が湧かないのでやはり近場でトレーニングを試みた(*^。^*)

s-眺望図

眺望図

s-ルート図

カシミールによるルート図

s-断面図

カシミールによる断面図

s-高尾山

s-藍染山

s-藍染

s-万石山

s-千石山

登山時間・休憩含む・5時間00

1月 26 2016

高尾山(261m)

 

2016年1月25日(月)

低山の雪遊びに出かけたが天候が良すぎてあっけなく消えてしまった。

s-ルート図ルート

s-断面図断面図


1月 19 2016

徳島板野町の高尾山(261m)藍染山(414m)

登った日・2016年1月17日(日)晴れ

 

先日香川の高尾山に登ってきたので投稿した。やはり相棒の地元の高尾山も投稿する事にした。登山道は良く整備され歩き良い。植樹された桜も先が楽しみ。地元の関係者がボランティアで力を入れて下さっている、有難いことで、トレーニングにかかせない山になっている。自分に合ったコースを選び健康に役立ててほしいとの思いで登山道を開き整備に励んで下さっている。有効に使わせてもらい頑張りたい。

 

新たに整備された直登ルートで高尾山に登り藍染山へ縦走

カシミール3Dによる地形図

s-断面図

カシミール3Dによる断面図

奥宮駐車場登山口に立つ案内板奥宮登山口奥宮西の登山口一番目の標示二番目の標示三番目の標示四番目の標示s-P1181106高尾山休息所頂上に立つカシミール地図とルート案内山頂山頂から南の展望眉山三角点(仮称北高尾山から藍染山の遠望)あせび温泉に降る補線路s-P1181125s-P1181126s-P1181129s-P1181132藍染山山頂にて藍染山と鳴岳が立てた山頂杭と三角点s-P1181133s-P1181134s-P1181135落ち葉踏みしめ心地良い登山道富の谷登山コース富の谷コース第一休息所祠さんと藍染山標示杖がたくさん置かれている平坦な仕事道?林道かな?此処から富の谷コースの始まりでしょうか??

s-P1181146

早咲きの梅の花が農家の裏の畑に春の足音が聞こえてきそう・・・・・

1月 11 2016

香川県大野原高尾山(495.5m)

 

香川の高尾山

map

地形図

高尾山断面図

断面図

 

香川県大野原町の高尾山に登ってきた。徳島板野町にある高尾山は毎日登りトレーニンクしている同じ山名に引かれて挑戦してみた。大野原ICを出て県道8号を豊稔池目指して走り法泉寺を過ぎ地図の227田野々旭に旭窯の立て看板を右に数分で池、道なりに舗装した道を進み今回はH267mの道の膨らみに駐車して徒歩で登る。地蔵さんが枯れ草の中にひょっこり現れた、いまどき参拝者もないらしい、此処がむねんどう峠らしいH340m地点道は此処で終わっている此処からは草、萱のブッシュ漕いで尾根の右下を巻いて通り夏場ならとてもとおれそうにない。H380m地点に丸い水槽が二基あり此処から430mのコブをめざし登る。此処からは登山道らしき道となっている。380mコブから430・460・のアップタウン繰り返し455.5mの山頂に着く、山名標示と三角点が有り東方は開けて町並みが望める。

 

登山時間

駐車地点10:00~~10:39丸い水槽10:40~~ロス時間0:45~~12:05頂上12:45~~14:10駐車地点着(登山時間4時間10分)

此の案内板右へ此処に駐車15分余計に歩く峠近くを歩いて

参拝者も無く草に埋もれた地蔵さん萱の中の踏み跡で休憩枯れた萱の踏み跡辿る

元水槽コンクリート製祠・現在は神様は転居して空き家山頂にて

同じく山頂にて山頂から東方の町並み遠望早咲きの梅の花??色が濃い

チョット変わった山頂標示

山頂標示

今回の反省点、水槽より右側多くの赤テープにつられてアルバイト?

ロス時間45分も作ってしまった( ^)o(^ )