8月 07 2014

日本百名山・羅臼岳

登った日・2014年7月24日(木)山の天気晴

羅臼岳もリクエストの山だが12年前8時間で登っている。今回は12時間、時間差も大きく開いたが、無事山頂を踏めたことで自分ながら満足している。岩清水から上部になるほど大岩の登りがきつく先回何気なく通過したロックガーデンも危険と隣合わせ。そのため、とくに降りに時間喰ってしまった。山登りは時間より安全が第一だ。怪我して皆さんにご迷惑をかけないこれが山屋の本筋だと自分に言い聞かしている。(*^_^*)・・・


カシミール3Dによる概念図。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。承認番号 平18総使、第296

断面図

登山届記入4時30分

木下小屋素泊り2000円

お花畑の登り

岩場の通過-Ⅰ

岩場の登り

手足使って岩を登る

山頂近し

雪渓の通過

銀冷水

羅臼平より羅臼岳望む

此の岩群が羅臼山頂

羅臼山頂に立って大喜び

山頂

羅臼岳に咲く花達

      

      エゾツツジ    チシマクモマグサ   エゾコザクラ

      

      ハイオトギリ     リンネソウ    イワブクロ

      

     チシマクモマグサ  アオノツガザクラ  メアカンキンバイ

                       

      ゴゼンタチバナ   クルマユリ    チシマノキンバイソウ

                       

      イワギキョウ    イワブクロ    エゾツガザクラ

 

8月 07 2014

日本百名山・旭岳

登った日・20140722日(火)山の天気晴れ

札幌の山仲間・滋賀の田辺さんの親睦登山。健脚組は北鎮~黒岳~層雲峡と縦走した。我が相棒も加わった。こちらは車回送組となった。このコースは雪渓お花畑の連続で天気さえよければ最高の山歩きが楽しめる。今回は最高の天気に恵まれラッキーだった。


カシミール3Dによる概念図。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296

断面図

旭岳温泉キャンプ場の朝食

朝食後のひと時

ロープウエイ姿見駅時間待ちの間に

遊歩道

噴煙の上がる姿見池

遠望

上から姿見池見下ろす避難小屋が見える。

遠望

トムラウシ山

喜びにわく仲間達・健脚組は縦走路へと別れて行く

わが相棒

8月 06 2014

日本百名山・利尻山

登った日・2014年7月20日(日)山の天気晴れ

三合目の野営場で札幌の山仲間達と晩餐、仲間の作ってくださった料理を頂き話がもりあがった。徳島勢はなんの準備もしていかずに迷惑のかけっぱなし(*^。^*)スミマセン。

12年前に9時間で登ったが今回は12時間、やはり年を重ねると体力も落ち仕方ないことだが仲間達の援護で頂上に立つことができてラッキーだった。しかし登山道もすごく荒れて歩きずらい、特に下りに時間喰った。


カシミール3Dによる概念図。

「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)」

断面図

         

         

         

         

         

利尻山に咲く花達

クルマユリ

イブキトラノオ

シコタンハコベ

チシマフウロ

ミヤマオグルマ

コガネギク(ミヤマアキノキリンソウ)

ミヤマアズマギク

ミソガワソウ

イワギキョウ

8月 05 2014

日本百名山・トムラウシ山

登った日・7月14日(月)~15日(火)~16日(水)小雨・カス

トムラウシ山も二度目リクエストだがコ-スが台地林道から入山、三山台でテント泊、15日トムラウシ山まで往複斜面一面に咲く高山植物、お花畑楽しめた。此のコースは何処よりもお花が多くこれからはこのコースがメーンコースとなるでしょう。


台地ゲートより三山台テント場

三山台テント場よりトムラウシ山ピストン

台地林道ゲートより三山台テント場

三山台よりトムラウシ山

「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。承認番号 平18総使、第296号)」

    

    

    

                                

                

                

                                

                   

             三山台テント場       南沼テント場と水場

                            

コバルトブルーの南沼・雪渓と湖水・花畑の織りなす神秘的妙

チングルマ・ツガザクラ・何十種類もの花が咲き乱れる

                                   

          エゾツツジ    エゾツガザクラ   ハクサンイチゲ

                                  

         エゾツツジ  ミヤマキンポウゲ    ヨツバシオガマ

                                  

         カラマツソウ   エゾノリユキンカ   ウコンウツギ

                                 

         イワブクロ     チングルマ     イワヒゲ

                                 

         チシマフウロ   ミヤマキンバイ    エゾコザクラ

                                

         エゾウサギギク  ヨツバシオガマ   チングルマ

8月 04 2014

日本百名山・十勝岳

登った日・2014年7月11日(金)山の天気晴れ・時々ガスで視界数メートル

十勝岳もリクエストの山だが登山口を変えての登山、又少し変化も有り面白い。退院後10か月余り登山時間は気にしないで登った、でもやはり下りに時間喰った。



カシミール3dによる概念図・「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)」


断面図

吹上温泉白銀荘の登山口です。

          

           白銀荘・   登山道脇にある建物・  登山道に建つ歌碑

          

    低木笹のブッシュ漕いで飛び出した 流れ越して登りになる 白銀荘の案内版

                                      

        十勝岳美瑛岳分岐    分岐標柱      十勝岳遠望

          

  分岐標柱    十勝岳避難小屋     十勝岳遠望

         

      雷線状の登りおえ稜線に出る スリバチ火口  雪渓の残る十勝岳

         

        山頂近くのザイル      十勝岳 山頂に立った