4月 28 2015

四国百名山・工石山(1178.4m)

登った日・2015年4月26日(日)山の天気晴

アスナロ4月例会山行・工石山

 カシミール3Dによる概念図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)」

 一等三角点

山頂で集合写真で~~~す

       

       

       

       

       

       

       

       

      

                    

4月 19 2015

四国百名山・東三方ガ森(1232.7m)

登った日・2015年4月18日(土)晴れ

所在地愛媛県西条市今治市東温市・東三方ケ森は高縄半島の南に位置し、西条市と今治市と東温市の境界聳える高縄山塊の最高峰で
ある。アプローチが長く不便な位置にあるので近くて遠い山といわれている。川内IC出て新横河原橋を右折して県道152号に入り木地バス停酒樽跡を左に見てなおも進む、此処から県道とは名ばかりの道幅の狭い落石の多い悪路となる。3キロ程で大きくヘヤピンカープで関谷林道入り口の標柱前に着く。ゴロゴロ石の路面見て林道歩くことに決め此処に駐車する。無理をすれば入れない事もないが矢張り安全策をとり50分で登山口に着いた。登山口からいきなりの急な登り辛抱シンボウと我に言い聞かし頑張る、登りばかり続く三角点を過ぎスズタケの連続、岩場痩せ尾根の巻道、目印の赤テープが無くなり岩場の小ピークにのぼってしまった。地形などの状態から右斜めに急な降りやっと、尾根を見つけ取り付いた。此処からコブを三つ、四つ越しH1200余りの酒樽ルートの分岐に出て一登り、後はあっけなく山頂標示と三角点のある山頂に立った。

GPSログ・県道152号、関谷林道のログが捕えずらかった。

「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)

 断面図

酒樽村跡の変わった風景

   

県道152より関谷林道    関谷林道    関谷林道歩く

  

  渓谷と若葉      登山口        急登

   

    急登-2       四等三角点   スズタケの藪道

   

明るい尾根歩き 間違って登った岩のコブ 阿歌古渓谷よりの合流地点

   

   

   

駐車地点・・・・登山口・・・・三角点・・・合流点・・ 東三方ガ森

9:05                         9:55                      11:20               12:33                    12:34

   東三方ガ森    食事    登山口     駐車地点

   12:40                              15:00                    15:45

            登り・・・・3時間29分    降り・・・・3時間05分

4月 13 2015

徳島県勤労者山岳連盟入門登山教室

*実施日・2015年4月12日 (日) 晴れ

山域山名・徳島市勝浦町・今山ー朝立ー平石山ー中津峰山ー星の岩屋ー星谷 周回コース

コースは鉄塔管理道・中津峰参拝道・四国の道を辿ります。

      カシミール3Dによるルート図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)


断面図

各会の集合写真

              

                        9:05                                9:21                                9:27

             

                      9:28                                9:47                              9:50

            

                     9:51                                     10:08                                  10:26

           

                        10:42                              10:58                              11:12

           

                  12:24                                      12:24                            12:25

          

                  12:28                                  12:31                                  12:32

          

                     13:46                                 14:04                                 14:05

          

                 14:24                                 14:23                                    14:29

以上数字は通過時間です。詳細の説明は省かしていただきます。尚、総参加者二十一名と多数ゆえ、一班・二班と分かれて登りカメラ担当者が一班だったため全員の写真が撮れなくてなく申しわけありませんでした。

4月 05 2015

岩ガ丸(730m)

登った日・2015年4月3日(金)

所在地・阿波市奥日開谷

三角点無し、点字無し、何処から山名が付いたのか定かでないか有名な山岳クラブが出したガイドブックに載った山・いちどは登ってみたい・・・気~いになっていたので天気もいまいちなのに実行に移した。ガイドブックでは林道が700m地点まで延びていそう、林道をショウトカットしながら登る。踏み跡も薄く人の通った形勢すらないイバラと灌木に行く手を阻まれながら悪戦苦闘、700m地点から尾根に少し登った地点に二段巻き赤テープが有り左方向にもアカテープ有り此処いらは直径・四センチ程の雄竹の密集地。其の少し上部に、こんもりとした高い所があるが竹の密度がきつく頭もはいらない、こんな場所に登山者が来るはずもない。山頂と思しき地点でGPS で緯度・経度で確認、山名標示もなにもない。帰りは雨に降られながら草深い石のゴロゴロ道を忠実に降った。ガイドブックに載せて数年経過して入山者もなければ荒れ放題、仕方ない事と納得。此処にくるのは余程変り者の山屋ダァネ(*^。^*)~~

 登りの概念図・ショウトカットしながら登る

登りの断面図

帰りは林道を忠実に降った。

降りの断面図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)

左は集落民家有り・右の林道を進む。<登山口>今回は此処から少し駐車地点まで入ったが悪路でなんぎした。

此処道端に駐車

林道から岩ガ丸

此処から車両進入禁止。

今回は頂上写真もなく寂しい(*^。^*)

 

 

 

 

3月 24 2015

矢筈山(矢筈峰)

登った日・2015年3月23日(月) 晴れ

所在地・貞光町

古い歴史のある里山探訪を安易に試みたが登山口までたどり着くのが難しく結局時間が少なくなったので、最短コースから登ってきました。貞光駅から出発したが車道はなかなか勾配がきつくカーブも多く運転に気つかう。山にたいする標識も全くなく民家に入りこんでしまったりしながらようやく船木大師堂、下の登山口に着いた。

頂上三角点名、貞光、山頂標示は(矢筈山) 鳴門岳友会の(矢筈峰)が立ててある。ちなみに徳島県で矢筈山名が付くのが六座になった。土佐矢筈含む。思いおもいの発想があって面白い(*^。^*)

カシミールによる概念図、青色線は車道・赤線は徒歩。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296

断面図

船木大師堂入口・此処に駐車。

船木大師堂

案内標示

雄池・立札の字は判読不可

二又・右に降ると天狗岩

社殿