1月 11 2016

香川県大野原高尾山(495.5m)

 

香川の高尾山

map

地形図

高尾山断面図

断面図

 

香川県大野原町の高尾山に登ってきた。徳島板野町にある高尾山は毎日登りトレーニンクしている同じ山名に引かれて挑戦してみた。大野原ICを出て県道8号を豊稔池目指して走り法泉寺を過ぎ地図の227田野々旭に旭窯の立て看板を右に数分で池、道なりに舗装した道を進み今回はH267mの道の膨らみに駐車して徒歩で登る。地蔵さんが枯れ草の中にひょっこり現れた、いまどき参拝者もないらしい、此処がむねんどう峠らしいH340m地点道は此処で終わっている此処からは草、萱のブッシュ漕いで尾根の右下を巻いて通り夏場ならとてもとおれそうにない。H380m地点に丸い水槽が二基あり此処から430mのコブをめざし登る。此処からは登山道らしき道となっている。380mコブから430・460・のアップタウン繰り返し455.5mの山頂に着く、山名標示と三角点が有り東方は開けて町並みが望める。

 

登山時間

駐車地点10:00~~10:39丸い水槽10:40~~ロス時間0:45~~12:05頂上12:45~~14:10駐車地点着(登山時間4時間10分)

此の案内板右へ此処に駐車15分余計に歩く峠近くを歩いて

参拝者も無く草に埋もれた地蔵さん萱の中の踏み跡で休憩枯れた萱の踏み跡辿る

元水槽コンクリート製祠・現在は神様は転居して空き家山頂にて

同じく山頂にて山頂から東方の町並み遠望早咲きの梅の花??色が濃い

チョット変わった山頂標示

山頂標示

今回の反省点、水槽より右側多くの赤テープにつられてアルバイト?

ロス時間45分も作ってしまった( ^)o(^ )

 

1月 03 2016

剣山初登り(1955m)

登った日・2016年1月2日(土)山の天気晴れ

剣山初登山・週刊天気予報も近年にない良好なのでわくわく気分で出発、R192も行き交う車もすくなく45分で道の駅ゆうゆう館に着きトイレ休憩。R438も何時もあわただしく追っかけてくる車も多いが今日は一台きり、剣橋過ぎても雪のけはいは全く無く第二ヘヤピンカーブでやっとであった。見渡しても全く雪化粧してない山々少し拍子抜けした感じだか進むに従って路面は踏みしめたような積雪、此の状態なら凄く走りよい。然し丸笹峠回り南面になると全く無く舗装まる出しあっけなく見ノ越駐車に着く。登山者の車は10数台広場も舗装がまるだし準備が終わって出発<アイゼンは装着>登山道は古い茶褐色の腐ったような雪が凍っていてよく滑る。大・小の小岩露出の登山道は全く歩きずらい積雪が有れば歩き良いのだかま~あ色々しかたない。ヒュッテは帰りと頂上に向かう、この時間ガスって山頂は人気無、ヒュッテまで降りソバ買って食事、私たち二人だけの寂しい雰囲気ダ~~~下山途中山仲間と逢って話がはずむ、降りは早く西島過ぎ大岩付近でアイゼン脱ぐがやはり凍った箇所も有り二度も転倒・・・危なかった~~~中途半端な凍った道は下山が気~~抜けない。見ノ越まで降りて今日の初登山無事故喜びあって今年の門出とする。

 地形図地形図

断面図

断面図

路面の状態雪景色屋内駐車場

見ノ越駐車場・・いつもなら満杯ですが???すなっぷも寂しい雪の無い西嶋駅

s-P1021036s-P1021038s-P1021040

s-P1021041s-P1021042s-P1021043

ガスと風・視界ぜろでした。おにゅうのヤッケ良く似合っていま~~す木道・アイゼン装着歩きずらいで~~す。

新しくできたエコートイレ・・冬季休館初登山でギャルの出会い今年は縁起がいいぞう福笑い皆さん今年も宜しくね・・・

コースタイム

自宅7:00~~~7:45道の駅ゆうゆう館7:55~~~9:20見の越9:20~~~10:00登山開始10:00~~~11:00西島駅11:05~~~12:00頂上・・

頂上12:15~~~12:25ヒュッテ食事出発13:10~~13:40西島駅13:40~~~14:45見の越出発15:00~~~17:45自宅

 

12月 27 2015

天ケ津峰(あまがっさん)(天円山あまがつぶ)434.1m

登った日2015年12月26日(土)晴(納山祭)

鳴門市に位置するあまがっさんは地元登山者では有名・一般には三コースが良く知られているが(あとみっくさん)のヒント貰って初めて阿波神社に集合・鉄塔保守路に一台デポして阿波神社に帰り少し民家の奥まで入り取り付く。高速道の下を抜け右に数分で急な階段に着き登る。階段の終わりから山道に入る。道は良く整備されている山持の方の仕事道と思って通してもらう。一時間程で四等三角点丸笹に着く下がって登って331mの独標に着く、此処は展望台として最高の地点、次のコブ331mで道は終わって此処からはブッシュ漕ぎが始まり次のコブ361mまでは悪路の連続、此処の独標で道迷いに注意、此処を降れば鉄塔85に近くなり鉄塔保守路、猿の墓と通常の登山道辿って山頂に着く。山頂から鳴門市街が一望できる。帰りは鉄塔保守路で整備された雷線状のくだりでデポ地点に降りる。独標高さはGPS使用5m程は誤差があり。

s-ルート

ルート

s-断面図

断面図



 

12月 09 2015

四国百名山・千羽ガ岳(245m)

登った日・2015年12月7日(月)晴

千羽ガ岳・基準点名・三等三角点・一ツ橋

里山の低山とあなどってかかったが7時間も歩くことになり散々な目にあった。日和佐道の駅よりR55を少し南下した三叉路に車デポして出発。国道歩き日和佐トンネルの左に閉鎖された道がある。其の道に刈り取った草が山積されている脇を通る、雨で深くえらられた悪路を登る遍路道、道しるべに従って進むと掘割のよここ峠に到達する。お大師さんがじっと見守っている。此処から2万5千の地図に載っている実線を辿る計画だったが此処までのあまりにも悪路なのに変更して遍路道を下りR55号に出て山河内駅に向かう。此処から四国の道、標柱に従って進む。車道の切れた地点に標柱が有り此処から四国の道に入る。千羽休憩所まで3.8キロ整備された道だが人造丸太の段々か続きアップダウン続き息が弾む。H300mの電波塔に到着、此処からまだ千羽休息所まで1.9キロやはりアップダウンが続く15:20分千羽ガ岳に着く。吾妻やが有り眼下の展望を楽しむ、三角点はあるが標識は千羽休息所となっている。此処から日和佐駅6.2キロあまりゆっくりしていられないどんどん降って又、登りが何回か繰り返す通り岩16:04分展望有り、16:32分荒瀬分岐を日和佐近道に従って降る石畳の遊歩道が延々続き車道に出て16:58分デポ地点に到着登山時間7時間・歩行距離15・5キロ

s-ルート

ルート

s-断面図

断面図

s-PC070820 s-PC070823 s-PC070825 s-PC070826s-PC070828 s-PC070831 s-PC070833 s-PC070836s-PC070840 s-PC070842 s-PC070846 s-PC070849

s-PC070850 s-PC070853 s-PC070856 s-PC070859s-PC070862 s-PC070865 s-PC070872 s-PC070877s-PC070879 s-PC070880 s-PC070881 s-PC070883

s-PC070888

荒瀬からの通り岩の遠望。

      タイムは個人差も有りあまり参考にしないでください。(*^。^*)

12月 05 2015

四国百名山・天狗の森(1484.87m)と五段城(1455.64m)

登った日・2015年11月29日(日)晴

今日は天狗荘より出発。最初は遊歩道で展望台まで登る、雪は登山靴が埋もれるくらいの深さ、石の段々が解りずらくて歩きずらい。展望台からは登山道らしいが雪で埋もれているがなんとなく歩けそう。山頂には一時間ほどで着いた。次の目的の不入山が指呼の中。

s-天狗の森と五段城

ルート

s-断面図

断面図

天狗の森

s-PB290784 s-PB290783 s-PB290788

s-PB290791 s-PB290792 s-PB290794

s-PB290796 s-PB290797

此処から五段城

s-PB290801 s-PB290802 s-PB290803

s-PB290805 s-PB290809 s-PB290814

雪原の牧場登る、案内板も何もない、それらしきピークまで登って行って有刺鉄線の縁を回りながら登る。GPSが三角点をパッシリとらえてくれた。GPSが無ければ雪原の中ではどうしょうもない。天狗の森の双耳峰が良く見える。