«

»

12月 18 2012

あせび公園より鉢伏山(板野町)

登った日・2012年12月17日(月)晴れ後雨

前回は黒谷より鉢伏山ピストン、今回は板野町あせび公園から取り付いた。登山道は倒木の迂回する箇所も多く、又低木アセビ、雑木の枝に絡まれひと苦労(^<^)スズタケのブッシュ漕ぎも有りなかなか冒険心を掻き立てる面白いコ-スだった。天候は朝日がさして良い登山日和と思ったのに山頂近くになって雨が降り出しさんざんな目にあった。(#^.^#)。然し登山道は目印の赤テ-プも多く付いているが、ほとんど人に会うことがないので注意。猪も多くいそう。


カシミ-ル3Dによる概念図・道順と登山道。

 

 登山道・この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第296号)」


断面図・往複

 

あせび温泉下山して此処温泉に入って帰れば最高ですね

 

 

駐車場前ここから始める、トイレあります

 

 

 

駐車場に建っているマップ登山には関係ないですが(^<^)

 

 

 

最初はこの道、登って展望台、目ざします。奥に見える稜線から尾根伝いに左に行きます。

 

アセビの木・花は終わって実がついています。

 

 

 

 

アセビの実

 

 

 

展望台休息所前に建っているアセビの説明マップです。

 

 

 

展望休息所、南方向が開けていて町並みが良く見えます。

 

 

登山道です。落ち葉踏んで心地よい山歩きが楽しめます。

 

    

 

GPSで位置確認しています。時々位置確認はおこなわなれれば、(*^。^*)

 



 

こんな綺麗な登山道ばかりなら良いのですが今にスズダケの藪に入ります。

 



 

登山道ふさいだ倒木、迂回して進みます、何か所もこのような倒木があります。

 



 

キノコです、寒いこの季節には珍しいと思って撮影しました。

 



 

スズタケの藪に突入、数十メ-トル続きます、前進む姿が見えなくなります。

 



 

やっと鉢伏山に到着、記念写真一枚撮って早々に下山開始途中風の当たらない木陰で急いで食事です。



 

 万両

 

 



 

ヤブコウジ

 

 

 

正月の縁起物ともされ、センリョウ科のセンリョウ(千両)や、同じヤブコウジ科のカラタチバナ(百両)、マンリョウ(万両)と並べてジュウリョウ(十両)して使われる、ネットより借用しました。

登山時間4時間30分・登り2時間23分・山頂休憩0.7分・降り2時間・食事時間含む。

2 comments

  1. たぬき

    鉢伏山にはまってますね!
    鉢伏山は他にもいろんなコースがあります。
    ◎馬酔木温泉からジョガマル池を経由する
    ◎黒谷の堰堤奥から直接谷を直登
    ◎蔵佐からのルート
    ◎唱谷を詰めるコース
    ◎讃岐側、川股ダムから
    などなど楽しめますのでチャレンジしてみては?

  2. やぶ山歩き

    たぬきさん、この間の2012年の件有り難う御座いました。メ-ル届いたでしょうか。
    鉢伏山、次回は車道を車で、県境まで行って大山に登って一本松越ピストン考えています。
    またご指導してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>