«

»

4月 11 2012

池田龍王山・禿峰・東みよし市・立石山

登った日2012年4月8日(日)晴

登ったと言うよりドライブ、ハイキングと言ったほうが当てはまる山だが、鳴門岳友会のカイドブックに載っている。

 此処に駐車

 龍王山、山頂樹林帯の中展望無し

三等三角点・基準点名・井ノ久保・(山名龍王山)

神社

禿の峰

山名表示無。

三等三角点・点名馬場<<・山名禿峰>>

電波塔

山頂脇に建っている小さい神社・祠

パラグライダ-の基地・立石山・360度の展望

公園の案内板・トイレ有り・駐車場は広くて良く整備されている

山頂見上げる

山頂標示無し三角点 前

 

 

三等三角点・点名立石・(山名・立石山)

カシミ-ル3Dによる概念図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図

25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。

(承認番号 平18総使、第296号)」

立石山概念図

4 comments

Skip to comment form

  1. 向笠武夫

    やっと見つけましたぁ、(多分)Right Place (Person) を。龍王山でググっててヒットしました。

    アメリカはロスに長い間住みながらも、お遍路にはまっている68歳のエドッコと申します。実は来年の5月頃に西予市から区切り打ちで始め、できれば66番雲辺寺まで行き、その後このブログにある龍王山を通り、禿ノ峰の手前あたりから阿波池田方向に九十九折りの道を降り、密厳寺・阿波池田ユースホステルに泊まる計画を建てています。

    歩きお遍路では遍路地図に沿って歩けば無難に目的地まで行けるのですが、私は特に峠越えでは地図にない道に挑戦したく、いつも下調べをしています。今回は上記のように歩きたいのですが、池田に住んでいる友人お遍路さんの情報として、この道は使う人がおらず、荒れ果てて歩けないと言っていました。しかし、グーグルマップのサテライト写真では、全線まだしっかりした道のように見えます。で、現実に歩かれた(ドライブされた)貴方を見つけたので、失礼ながらお聞きしている次第です。

    急ぎませんので、暇な時にお答えいただければ幸いです。

    向笠武夫
    Takeo Mukasa
    18717 Mayall St.
    Northridge, CA 91324
    U.S.A.
    eedokko@gmail.com
    1-818-809-8492

  2. 向笠武夫

    追加です。グーグルマップを再度見たら、池田町西山に降りる道は禿ノ峰あたりではなく、さらに東に同等近くの距離を行った所でした。航空写真では同じ程度の道が続いているように見えます。三好市観光課やユースホステルにも同じ質問を出していますが、まだ返事がありません。またこの尾根づたいと思われる道では携帯では圏外でしょうか。

    1. やぶ山歩き

      はい、私はGPSを使ってカシミ-ル3Dの地図上ル-ト書いてそれにしたがって歩きます。大分前の事なのでも一度良く調べて地図で説明します。

  3. 向笠武夫

    やぶ山歩きさん、

    ご無沙汰しています。5月21日、雲辺寺を打った後そこでお遍路は終わりにして、遍路道とは反対の阿波池田の方向へ降りていきました。県道268号線を下っている途中で、道路番号のない「農地開発事業・池田地区→」とある大きな標識と「龍王神社」の字の小さな立て札がある道路を入って行きました。

    途中、再度「龍王神社」の立て札があり、近ければ覗いてみようとその道に入って行きましたが、250mほど行った所でまだそれらしき雰囲気の景色が見えなかったので、神社を訪れることが目的じゃないので引き返し、さらに農開道路を東に進みました。

    9Kmほど行ったかな、バイオ肥料製造のところとその先でトラックの運転手さんに聞いたら、西山小学校地区へ降りる道を教えてくれ、九十九折りの道を下り、ユースホステルまでたどり着きました。ただ、YHは朝電話した時点で、その日の予約じゃ素泊まりしかないとのことなので、そこは諦め、さらに下り、吉野川のダムまで降りきりました。

    そのことだけでも、自分としては大きな冒険になりました。翌日はまたもや歩いて32号線にあるが街道から500m上の箸蔵寺まで徒歩で上がり、お参りをして、帰りはズルしてロープウエイで下り、さらに32号線を上がり、今回の最後の楽しみである「秘境の駅・坪尻」へ下りていきました。四国で鉄ちゃんには絶対外せない、スイッチングでしか駅に着けない秘境の駅を探訪することができました。

    いろいろ無理な質問をしましたが、半年前から計画していた、お遍路プラスの望みが叶いました。大変ありがとうございます。

    向笠武夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>